中小企業

5.条件提示・調整

それでは採用の最終段階である条件提示のプロセスです。ここまで1次、2次面接などを行い、どこのポジションでどのように働けそうかをこちら側で検討しておく必要があります。 続きを読む

4.面接

面接をどうやればいいか?どうすれば上手に面接ができるか?どうすれば目的を果たせるのか?
面接について掘り下げていきたいと思います。 続きを読む

3.募集要項作成

それでは採用媒体に掲載する募集要項の作成方法です。募集要項を作成するにあたり、募集要項はどんな役割を果たすのかを考えてみましょう。自分が転職をすると仮定して考えてみましょう。 続きを読む

2.採用する人材のスペックの決定

体制図を作ることで採用する人のポジションが見えてくるのですが、欲しい人材がそのまま転がっているわけではありません。
自社で欲しい人材 = 他社も欲しい人材 というケースが多いと思います。 続きを読む

1.目標とする体制図作成(採用について)

中小企業でよくある採用の失敗が、スペックが高くていいなと思って採用したが活用できない。場合によっては使えないと捉えている人も多いと思います。ただ単純にこの人できるなと思っても、活用できる環境が整っていなければうまくいきません。 続きを読む

採用

中小企業が良い人を採用するには?
会社がまだ10人くらいのころから新卒採用を始めて、まだ20代のころに始めて面接に立ち会うようになりました。採用媒体に求人を掲載して応募が来るようになりました。そのころは最初は立ち会っているだけで何も言うことがありませんでした。 続きを読む