4.面接

面接をどうやればいいか?どうすれば上手に面接ができるか?どうすれば目的を果たせるのか?
面接について掘り下げていきたいと思います。

私は面接のやり方を教わったことがありません。若手で立ち上げた会社では、全員が初めてのことばかりで、とりあえず体当たりでやっていました。初めての面接では、私も面接に受かるような段階ではなかったのでものすごく緊張したし、相手に聞くことなんて何も浮かんできませんでした。仕事も一人前からほど遠いところだったので、”仕事ができる”とか”できそう”なんて判別できず、結局は自己紹介を聞いて、良さそうだったら採用するくらいでした。

最近、他の小規模の制作会社の面接に立ち会う機会がありました。とりあえず、自己紹介をしてもらって、そのあとは「君は何ができる?」とか「なんで弊社に入りたいの?」というような質問をいくつかしていました。その後、待遇面の話をサラッと終わりました。

特に小規模のウェブ制作会社を探して、この会社に絶対に入りたいって人は少ないと思います。そんなに有名ではないし、どんなことやってるかもネット上の情報しかないので。黙っていても希望者がたくさんいる会社はまだいいのですが、賃金も労働環境もそんなに良くないウェブ制作会社が人を採用するには、上から目線ではだめだと考えています。

まず最初に会社全体としての取り組みを紹介する必要があります。立ち上げから今に至るまでのことと、その先に何を目指しているかをしっかりと伝える必要があります。

一番大事なのは相手が会社のことを知り、そこに入りたいと思う面接をすることです。入りたいと思わなければ、こちら側が採用したいと思っても獲得はできません。まずは会社のアピールをしっかりできるよう準備しましょう。

以下が私の想定する流れです。(体当たりで覚えましたので一般的かはわかりません)

1)会社の紹介

全体として何を提供しているのか?
提供しているサービス
部門・職種
過去と未来

2)募集背景

なぜ募集をしているか?
募集している部門のこと
募集している職種・ポジション

3)自己紹介

学歴・経歴
業務経験

4)質問

募集しているポジションでやっていけそうか?
次のステップや将来ではどんなポジションでやっていきたいか?
独立願望があるか
自己成長をするタイプかを判別

5)むこうからの質問

入社後に認識のズレがないようになるべく聞きたいことを全部聞いてもらう

6)2次面接までの流れを説明

スケジュール感やどのタイミングで連絡をするかなど

上記のような流れです。
まずは会社の良さを知ってもらうことで、入社したい気持ちをより強くもってもらうこと。
そしてなぜこの会社で募集をしているのか?例えば、業績が順調でサービスの需要も増えているので、それに伴って体制を強化しているなど。また、担当して欲しい、職種やポジションを明確に伝え、どういうふうに働けそうかを考えてもらいます。担当によって会社のアピールしている内容が違っていることも多かったので、資料としてまとめ、全体に共有しておきましょう。

自己紹介では、新卒の場合は職歴がないので、学生時代までに打ち込んでいたことについて聞くようにしていました。向上していくためにどんな取り組み方をしているかで、仕事においての自己成長の期待値も図れると考えているからです。PDCAをしっかりとまわし、プロセスなどで管理している人を撮るようにしています。取り組み事項は何でも良いです。スポーツでもナンパでもとにかく、上達するメカニズムを他人にわかりやすく伝えられるほどにブレイクダウンして考えているかを見ています。そういう人は何をやってもそれなりに成長しないと気が済まない人が多いと私は思っています。

無理やり入社させても続きません。入社する人が中長期的に働けそうかを確認します。10年後とかはわからないし、考え方も変わったりするので、3年か5年は続けられそうかを、質問に工夫をして判定しています。

また、向こうからの質問では気軽に聞けるように、なるべく楽しい雰囲気でやっています。その方が本質的なところも見やすいです。また、スキルが完全にマッチしないところでは、足りない部分は入社してからもサポートをして身につけられるようにすることを伝えて、不安を解消したりします。

最後は2次面接など、次のステップについてです。いつまでに合否の連絡をするかなど、内定までの流れと、スケジュールを伝える必要があります。複数社で検討していることが多いので、感触が良くても、いい加減だったり、連絡が遅いと逃す可能性があります。

この人全体にいい!っていう確信があれば、この段階では採用したいことを強くいったり、権限がある場合はその場で採用すると獲得しやすかったです。(あくまで個人的な意見ですが)

2次面接は、基本的には1次面接での内容と結果をしっかりと共有し、社長面談や条件の調整などをすれば良いと考えています。大規模な会社でない場合は何度も面接をしてると相手も面倒なので。印象が悪い社長だったら会わせないほうが良いかもしれません!(笑)。

ざっくりですが面接については以上です。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*