3.書体(フォント)

書体には様々なものが存在しています。パソコンにデフォルトで搭載されているフォントだけでもかなりの数がありますね。それではどんな書体を使えばいいのか?それにはまず、書体の種類や用途などを理解する必要があります。

以下がフォントの系統になります。

和文フォント
・明朝体
・楷書体
・行書体
・ゴシック体
・手書き

欧文フォント
・セリフ体
・サンセリフ体
・筆記体
・手書き

フォントの種類

画像の左側の方が格式高い感じがして、右に行くとポップな柔らかい感じになります。ゴシック体はよく使われていますが、その中でも細くてスッキリしているタイプなんかは洗練されていて、格式高く感じるものもあります。また、文字サイズが小さいときに見やすいタイプなどもあります。それぞれのフォントの種類をしっかりと勉強し、明確な理由を持ってフォントを選ぶことが重要です。仕事では見た目の印象だけでなく、なぜそのフォントを使用するのかをクライアントに納得のいく形で説明することが必要になるので。

通常使う書体は見出し、小見出し、本文など様々な要素で統一感を出すために、書体のファミリーのバリエーションが充実しているものを用意しておく必要があります。macなどに搭載されているヒラギノという書体は明朝・ゴシックとそれぞれ太さのバリエーションが豊富なので使いやすいです。そのほか以下で紹介しているモリサワのフォントが便利です。
また、見出しなどで使うインパクトのある書体なども持っておくといいでしょう。

次の記事→

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*